ヤンジンテ 精力剤サプリメント 亜鉛 マカ アルギニン

サプリメントに関すること等、お気軽にご相談下さい。

精力剤、精力サプリメントについてのお問い合わせ

HOME > 亜鉛マスター上田勉の元気塾 > もしかして【ED!?】簡単にできる中折れ対策の方法とは?

もしかして【ED!?】簡単にできる中折れ対策の方法とは?

2017年3月16日

もしかして【ED!?】簡単にできる中折れ対策の方法とは? 女と性行為中、萎えてしまったり・行為前からきちんと硬くならないといったED現象が起きてしまう場合、どういった対策方法があるのか!?

  • ・せっかくのチャンスなのに、何故起たないのか。
  • ・さっきまでは調子良かったのに、いきなり中折れしてしまった・・・

今回は、30過ぎてからオトコが体験するであろう、【中折れ対策法】について解説していきます。

中折れ対策でできること

男のEDには、様々な要因があります。

全く関係ないと思いきや、日々の生活習慣にも大きく関わっています。 血流力の低下で起きるEDのしくみと改善方法

まず、根本的な生活習慣の見直しを行うことが、最も中折れ対策であることを理解して下さい。

ただし、仕事柄そういった生活習慣の見直しは、したくてもできない場合もあります。

  • ・仕事の付き合いで、仕方なしに毎晩夜遅くなってしまう。
  • ・付き合いに必ず、アルコールは必需である。
  • ・朝早く日中も忙しくて、規則正しく食事が摂れない。

そういった方にとっては『中折れを防止するための改善策はないのか!?』ということになってしまいますね。

しかし、ご安心下さい。そうではありません。

その他の努力によって、中折れ対策をすることも可能なのです。

骨盤底筋群を鍛える

勃起力に深く関わっている筋肉が【骨盤底筋群】です。

骨盤底筋群は、骨盤の底にある筋肉群で、内臓や膀胱などを支えている筋肉群のことです。

  • ・「深会陰横筋」
  • ・「尿道括約筋」
  • ・「肛門挙筋」
  • ・「尾骨筋」

これらの、4つの筋肉が【骨盤底筋群】です。

この骨盤底筋群を鍛えることによって、ペニスの海綿体に血液を留める力が増すため、中折れ対策ができる可能性が多いに高まるのです。

ちなみに、女のあそこの締り具合を決定づけるものも【骨盤底筋群】なのです。

【骨盤底筋群】は年と共に衰えていくので、男は中折れ・女は緩い膣の原因となってしまいます。

恋人がいる方は、コミュニケーションの一環として一緒に鍛えてみるのもいいかも知れません。

中折れに大変有効なスクワット

スクワットは、太ももの内側の「内転筋」という筋肉を鍛えることができます。

「内転筋」は、骨盤底筋群とつながっていることで、中折れ対策には大変効果的です。

スクワット自体、そんなに時間のかかるものではありません。1日たった3分5分でも構わないのです。

スクワットは、中折れなどEDと無縁の方でも筋肉の強化・そしてテストステロン分泌の増加のためにも最も有効である運動です。

最近は、ピストン運動さえままならない若者がいるとも聞きます。

女性が一切動かずとも楽しませてあげられるような逞しい男になれば、見た目的にも男らしい下半身を作るだけでなく、『また抱かれたいな。』なんて思わせることができるかも知れません。

■骨盤底筋群を鍛える正しいスクワットのやり方■

  • 1.足を肩幅より少し広めに開き、背筋を伸ばして腕を頭の後ろで組む。
  • 2.背筋を伸ばした姿勢で腰をゆっくり下ろしていき、床と太ももが平行すると腰を上げる。
  • 急にスクワットをやり過ぎると、翌日筋肉痛で大変なことになってしまいますので、1日10回20回から始めて下さい。

    慣れてきたら、腰を下ろした状態でキープします。

    はじめは10秒キープから・・・そして腰を上げ立ち上がる。繰り返し行うことで、どんどん逞しいカラダ作りができると同時に中折れ対策となるでしょう。

    明日からと言わず、今から始めましょう!

    中折れに直接トレーニング!

    最もダイレクトな中折れ対策は、骨盤底筋群を直接鍛える方法です。

    ただ起っている状態で、『肛門を締めて5秒キープ ⇒ 緩める』これを繰り返すだけ。

    スクワットをするよりも簡単なやり方ですが、中折れ対策効果は絶大だと言われています。

    個人差はありますが、1か月も続けていれば変化がある方もいるようです。

    絶対に立っている状態が必要なわけではありません。

    少しやりにくいですが、座っている状態でもできるトレーニング法なので、デスクワークの方でも手軽にいつでも行うことができますね。

    これも地道に毎日行う必要があり、もし効果が出てきてもやめてしまうとすぐに元に戻ってしまうので、やはり継続は力なりです。

    女性を口説き堕とすためにも努力が必要なように、中折れを阻止するためにも努力が必要なのです。

    ウォーキングやジョギングで中折れ対策?

    中折れは、骨盤底筋群の衰えだけが原因とは限りません。

    心因的なEDもありますし、体の根本的な問題の場合もあります。

    車移動が多い方やデスクワークの方は特に、血流が悪くなっている可能性もあるので、ウォーキングやジョギングなどを行って、全身の血の巡りを改善させましょう。

    同時に下半身が鍛えられることにもなり、血流改善と骨盤底筋群の衰えも改善。

    一石二鳥となるわけです。

    いつまでも、中折れ知らずの元気なムスコであるために、日々努力を行いましょう。

    Yng Jing Te Blog

    ブログカテゴリー

    最新のブログ

    ヤンジンテ
    精力アップ!サプリメント

    精力の衰えの改善を亜鉛の力で!若い頃の元気が蘇る!
    性の悩みなどはお気軽にご相談下さい。
    針灸師の資格を持つヤンジンテの代表、上田勉が対応致します。

    デモイメージ1