ヤンジンテ 精力剤サプリメント 亜鉛 マカ アルギニン

サプリメントに関すること等、お気軽にご相談下さい。

精力剤、精力サプリメントについてのお問い合わせ

HOME > 亜鉛マスター上田勉の元気塾 > 射精障害っていったい何?どういう種類があるの?EDとの関係性

射精障害っていったい何?どういう種類があるの?EDとの関係性

2017年5月15日

射精障害っていったい何?どういう種類があるの?

射精障害には、いくつかの種類があります。

  • ・無射精症
  • ・逆行性射精
  • ・膣内射精障害
  • ・早漏
  • ・遅漏
最も多いのは、膣内射精障害と言われていますが、遅漏・早漏もれっきとした、射精障害の一種です。

順を追って、ご説明していきます。

無射精症

無射精症は、性行為でも自慰であっても、オーガズムも射精液も出ない状態を指します。

脊髄損傷や骨盤・精巣腫瘍の手術などで起こる射精障害と言われており、多くの場合 勃起障害と精子形成障害を合併しています。

原因が見つからない方もいます。

無射精症の治療方法

無射精症に対して、有効な内服薬はないとされています。 射精不能に対しては陰茎振動刺激や電気射精により射精を誘導します。その他には精子を外科的に採取する場合があります。
出典:sset-clinic.com

逆行性射精

逆行性射精は、膀胱頸部の閉鎖障害により、射精時に膀胱側へ流れてしまう症状です。

オーガズムや射精感はありますが、精液の量が極端に少ない場合は、この逆行性射精の疑いがあります。

しかし、膀胱に流入した精液は尿と一緒にに体外へ排出されるため、身体に影響はないと言われています。

逆行性射精の治療方法

交感神経を刺激する薬や抗うつ薬などの薬物治療があります。 不妊を解決するための治療には、膀胱内から精子を回収したり精巣や精巣上体から精子を回収し、人工授精や体外受精を行ないます。
出典:sset-clinic.com

妊娠を望んでおられる方にとっては、治療が必要になりますので、こちらも医師の受診が必要です。

一般的に、EDと深い関わりのある射精障害は残りの3つ・膣内射精障害・早漏・遅漏です。

EDと射精障害は、切っても切れない関係性にあり、EDから射精障害を誘発したり、またその逆で射精障害からEDを招いてしまう場合もあります。

膣内射精障害

この膣内射精障害は、言葉の通り女性の膣内で射精できないという障害です。

自慰では射精できるのに対し、性行為では射精できない状態を引き起こす要因は、様々なことが考えられます。

  • ・過激なAVを常に見ている。
  • ・してはいけない自慰をしている。
  • ・二次元が好きで、実際の女性にあまり興味がない。
  • ・通常では行わないような、性行為でないと欲情しない。

このような原因が考えられます。 以下のリンクより、詳しい内容をご確認下さい。

AVがEDの原因になる!?

EDはオナニーが原因!?勃起が持続しない・中折れしてしまう

二次元が好きな男性は要注意!生身の女とセックスできないEDに!?

遅漏・早漏

遅漏や早漏は、射精障害とはいえ、射精ができる状態ですね。 しかし、射精障害の中でも最も多いと言われる膣内射精障害にまで進行する恐れがあります。

早漏

早漏は、俗語で「三こすり半」とも言われていますが、相手の女性や自分自身が満足な状態になっていないにもかかわらず射精してしまう状態を言います。

第103回米国泌尿器科学会(AUA)の年次総会で発表された早漏の定義が、以下のようになっています。

  • ・膣に挿入する前、または挿入して1分以内に射精してしまう。
  • ・膣に挿入後、自分の意志で射精を遅らせることができない。
  • ・性交が苦痛、悩み、フラストレーション(欲求不満)、あるいは性交の回避といった、消極的な個人的体験・結果となる。
出典:www.daito-p.co.jp

とはいえ早漏かどうかの個人差は差がありますので、5分でも早漏と感じる女性もいるでしょうし、もっと性行為を楽しみたいのに10分継続できても男性自身では早漏と感じる場合もあるでしょう。

そして早漏は、『自分は不能だ。』と自己嫌悪に陥ってしまったり、相手の女性に「えっ?もう?」などと心無い言葉を浴びせられることで、精神的な心因性EDを招いてしまう可能性があります。

射精障害が重症化してしまうという事ですね。

遅漏

一方遅漏は、射精に至るまでにかなりの時間を要し、なかなか射精できない症状を言います。

遅漏の原因は、性的なトラウマや、幼少期に性から隔離する程厳格な教育を受けたことによって、性行為自体が不潔だと感じている深層心理が原因となっている場合があり、これも医師に診てもらう必要があります。

また改善できる可能性があっても、遅漏により相手の女性が長時間の摩擦に耐え切れず痛がったり、早く射精しなければというプレッシャーがかかることにより、ますます射精できなくなる危険性があります。

さらに遅漏は、してはいけない自慰とも深い関わりがあります。充分な興奮や刺激が加わらず、なかなか射精できないという状態が起きているケースも多く見られます。

そして早漏と同様で、重度の膣内射精障害にまで進行・EDをも誘発してしまう場合もあるのです。

男性がきちんと勃起し、ある程度射精を操作できる状態でないと、男女共に性生活が満足いかないという結果を招いてしまいます。

男の責任は、大変責任重大であると言えますね。

このような射精障害に進行させないためにも、EDはできるだけ早く回避する努力を行いましょう。

Yng Jing Te Blog

ブログカテゴリー

最新のブログ

ヤンジンテ
精力アップ!サプリメント

精力の衰えの改善を亜鉛の力で!若い頃の元気が蘇る!
性の悩みなどはお気軽にご相談下さい。
針灸師の資格を持つヤンジンテの代表、上田勉が対応致します。

デモイメージ1