ヤンジンテ 精力剤サプリメント 亜鉛 マカ アルギニン

サプリメントに関すること等、お気軽にご相談下さい。

精力剤、精力サプリメントについてのお問い合わせ

HOME > 亜鉛マスター上田勉の元気塾 > 心の病で性欲減退?EDとうつ病との関係性

心の病で性欲減退?EDとうつ病との関係性

2017年5月18日

心の病で性欲減退?EDとうつ病との関係性 EDは、大きく分類すると4つに分けられます。

  1. 【1】加齢や血流不足による身体的な機能不全
  2. 【2】精神的な影響による機能不全
  3. 【3】身体的・精神的、双方が影響する機能不全
  4. 【4】何らかの薬物の影響を受ける機能不全

【2】が心因性EDと言われるものですが、【精神】と【ED】には大きな関わりがあります。

そして心の病であるうつ病は、少なくとも【2】に分類されます。うつ病を薬物によって治療しているとなれば【4】の原因にもなり、EDを起こす可能性が大きくなるわけです。

さらに、加齢による身体的な原因がプラスされれば、ますますED悪化の要因が拡大されてしまうことになります。

うつ病って何?

うつ病と一言で言いましても様々な症状がありますので、一概には言えませんが、ここでは根本的な【『抗うつ状態』】についてをお話していきます。

性行為をすることも何かを行うという事ですね。マズローの5段階欲説に当てはめると、人間の本能である5段階欲求の根本「生理的欲求」にあたる部分です。

『抗うつ状態』が人にもらたす影響で、常に憂鬱な気分になり、何に対してもやる気が起こらなくなってしまう状態は、性欲減退と大きな関係性があります。

その本能的な欲求がなくなってしまううつ病になれば、当然性欲減退の原因になってしまうわけです。

うつ病が性欲減退になる理由

順を追って考えてみて下さい。

うつ病は、心の病です。

心の病ということは、脳が病んでいるという状態ですね。

『抗うつ状態』になっている状態は、脳の中が健康に働いておらず、様々な障害をもたらしている状態です。

うつ病=脳の病

全ての働きに共通することですが、人間は脳から分泌されるホルモン・交感神経と副交感神経のバランスに大きく左右されています。

うつ病は、三大神経伝達物と言われるセロトニン・ノルアドレナリン・ドーパミン大きく関わっていると考えられています。

これら3つのホルモンは、何が欠けても悪い影響を与え、常にバランスを保っている状態でないと、正常とは言えません。

うつ病は、幸せホルモンである「セロトニン」が不足したり、やる気ホルモンである「ドーパミン」が過剰分泌されたりと様々です。分泌ホルモンのバランスが崩れてしまい、やる気を失ってしまう現象が性欲減退にあたります。

またその逆に、その刺激を補うためにより一層、性の快感を求める場合もあります。そうなれば「性依存症」と呼ばれる状態になります。

脳内の神経細胞が性欲に関わる

脳内では神経細胞同士が、多くの情報を伝達しています。

多くの心の機能(意思や感情)を体の機能(行動や運動)を行う細胞に伝えていく働きを持っています。基本的に脳の神経細胞同士は、さまざまな情報を電気信号でやりとりしています。

  • ・好みの女性を見て、ふと気になるという気持ち。
  • ・さらに、話したい・交わりたい・性行為したいという感情。
  • ・そしてさらには、その女性の裸体を見て興奮する。

これらは全て、脳が正常に機能している状態で起こる感情です。

神経細胞伝達が正常に機能していないとなれば、女性に対する興味までを失わせてしまうことにも成り兼ねません。よって、うつ病になると性欲が減退してしまうというわけです。

うつ病からのED(勃起不全)

さらに、精神的な性欲減退という状態がなくとも、うつ病は肉体的にも悪影響を及ぼします。

うつ病によってやる気を失い興奮しない脳が正常に働かない状態では、勃起に必要な作用・最終的な部分で言えば、勃起に必要な血液を運ぶ働きも鈍らせてしまいます。

【興奮しなければ勃起しない】当然のことです。

  • ・正常⇒射精したいと思う⇒勃起する
  • ・うつ病⇒射精する気も起らない⇒勃起しない⇒心因性ED(インポテンツ)

  • となるわけです。

ただし、『抑うつ状態』がかなり進行していたり強い場合は、自身がEDになっている状態までそこまで気にかけることはできません。 よって、多少なりともEDの事を気に掛けることできているのであれば、薬物を使用せずともうつ病を克服できる可能性があるとも言えるのではないでしょうか。

抗うつ剤とEDの関係性

本ページ冒頭で分類した『【4】何らかの薬物の影響を受ける機能不全』は、私は専門家ではないため、一概に何がどうと言えません。

しかし、うつ病改善のためにはセロトニンを増加させることが必要となってきますので、興奮するホルモンのドーパミンの分泌や作用を抑制するということにもつながります。

また、抗うつ薬として最も良く使用されている SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)は、射精を抑制する作用があることも分かっています。
出典:www.hama1-cl.jp

よって薬物によるうつ病治療が、EDと深い関わりがあるのは明確であると言えるでしょう。

そのためにも、より健康的な生活が必要となってくるのです。

Yng Jing Te Blog

ブログカテゴリー

最新のブログ

ヤンジンテ
精力アップ!サプリメント

精力の衰えの改善を亜鉛の力で!若い頃の元気が蘇る!
性の悩みなどはお気軽にご相談下さい。
針灸師の資格を持つヤンジンテの代表、上田勉が対応致します。

デモイメージ1