ヤンジンテ 精力剤サプリメント 亜鉛 マカ アルギニン

サプリメントに関すること等、お気軽にご相談下さい。

精力剤、精力サプリメントについてのお問い合わせ

HOME > 亜鉛マスター上田勉の元気塾 > 【性依存症とED】心の病から性に依存してしまう状態とは

【性依存症とED】心の病から性に依存してしまう状態とは

2017年5月22日

【性依存症とED】心の病から性に依存してしまう状態とは うつ病になると多くが、やる気を消失し・性行為自体も面倒になってしまいます。(関連:心の病で性欲減退?EDとうつ病との関係性

しかし、必ず性行為自体に対し、やる気がなくなってしまうとも限りません。

人間は不安やイライラなど、自分ではどうにもならない感情を抱えた時、何かに対して依存してしまう場合もあります。

アルコール依存症や、買い物依存症・薬物依存症、そして性依存症などです。

性依存症とは?

性依存症とは、性的な行動に対する嗜癖であり、精神疾患である依存症の一つである。主に性行為(性交渉)への依存が多いため、セックス依存症もしくはセックス中毒とも称される。
出典:wiki

性依存症の症状

性依存症は日常生活に支障が出ても、性行為や自慰を行う状態です。

  • ・生活が苦しいのに、借金までして風俗に通う。
  • ・生活の要である仕事に影響があっても、性行為を優先させる。
  • ・家庭を顧みず、浮気に走る。

どれだけ性行為がしたくても、分別をわきまえているような場合は、性依存症ではない可能性があります。

性依存症の原因

性依存症の原因は様々ですが、幼児期や成人への成長過程で肉親からの愛情が得られなかったり・虐待を受けていたことに起因する場合が多くあります。

また、幼少期に性犯罪などに巻き込まれたり、性的暴力を受けたことが原因となる場合もあります。

うつ病からの性依存症は、ストレスなどが原因でその負の感情を吐き出すために、性行為へ依存してしまう状態です。

この性依存症には、相手あっての性行為だけではなく、自慰依存も含まれます。

そういった性依存症になってしまった場合、性行為への衝動を抑えるためには、胸の不安や苦しみの根本を解消しなければ、解決できない問題です。

うつ病に大きく関わっているホルモンについてはこちらでお話していますが、性行為や自慰を行なっている時に満たされるような感情になることで、幾度も性的快感を求めてしまうのです。

ドーパミンの働きによるものですね。

妻にはED、でも性依存症?

妻にはEDだけど、他の女性となら勃起するという場合があります。さらには、性依存症という方もいるでしょう。

  • ・同じ相手だと興奮しないし勃起もしない。
  • ・相手が変わらなくては、刺激が足りずにEDである。

その際にも、脳から分泌されるホルモンが大きく関わっているのです。人間というものは、独立した脳に支配されているも同然だと言える現象ですね。

妻にはEDだけど、他の女性ではEDではない事の、最も多い要因は、妻を女性としては見られなくなったという理由でしょう。

慣れ合いが生じ、家族になってしまった妻では性欲がわかずに、セックスレスになってしまうという夫婦が大変多いのが現実です。

また、家庭で愚痴ばかりを言われたり日々の不満が募り、そのイライラを解消するために、他の女性を求める性依存症になってしまう可能性もあるのです。

性行為を強いられEDに

また子どものいない夫婦の場合、子づくりを迫られることでも、男性は性行為する気もなくし欲情せず性器は萎えたままという場合もあります。

何かと言えば「今日は排卵日」だと、無理に性行為を強いられていることから、EDになってしまうパターンです。

まるで、自分が種を撒くだけの存在であるように感じ、子づくりのプレッシャーが、心因性のEDを招くのです。(関連:心因性EDとはどういう現象?奥深くまで追求してみました!

現代では晩婚化のケースが多いので、30代のうちに出産したいという女性の焦りから、性行為を要求することで、中年男性もこのようなことが原因のEDに発展する場合が多くなっているようです。

そしてそれが引き金となり、子づくりできない上、外では性依存症になってしまうという、EDの最悪の状態です。

性依存症チェック

  • ・インターネットの性的なサイトにはまっている
  • ・性的なビデオ、映像、画像、写真を集めている
  • ・性的な行為で警察に2度以上逮捕されている、逮捕されても止まらない
  • ・相手に許可を得ることなく、体を触るなどの行為をしてしまう(痴漢、強姦など)
  • ・のぞきや盗撮を行うことで、性的な満足を感じる
  • ・幼い子どもに、強い性的な欲求を感じる
  • ・スカートの短い女性をつい見てしまう
  • ・風俗通いや不倫などの行為を、ついつい繰り返してしまう
  • ・生活に支障をきたすほど、性交渉やマスターベーションをしてしまう
  • ・普通の人は、性的な欲求を感じない対象に、強い性的な欲求を感じる
出典:www.ohishi-clinic.or.jp

当てはまる項目が多ければ、性依存症に対し要注意です。

たとえ妻に対してEDであっても、外部で性依存症と考えられる方は、メンタルクリニックや心の診療科などで相談してみましょう。

Yng Jing Te Blog

ブログカテゴリー

最新のブログ

ヤンジンテ
精力アップ!サプリメント

精力の衰えの改善を亜鉛の力で!若い頃の元気が蘇る!
性の悩みなどはお気軽にご相談下さい。
針灸師の資格を持つヤンジンテの代表、上田勉が対応致します。

デモイメージ1