ヤンジンテ 精力剤サプリメント 亜鉛 マカ アルギニン

サプリメントに関すること等、お気軽にご相談下さい。

精力剤、精力サプリメントについてのお問い合わせ

HOME > 亜鉛マスター上田勉の元気塾 > 肥満と健康+α【男の欲の要】

肥満と健康+α【男の欲の要】

2017年7月19日

肥満と健康+α【男の欲の要】 最近心なしか太ってきたかも?このままいけば、肥満?

若い頃と違って、30代を過ぎた頃から徐々に太りやすくなるのは、多くの方が経験することです。

おじさんではないけれど、おじさんと呼ばれる年齢に差し掛かる頃に起きてしまう体型の変化。

『いや。まだ大丈夫・・・。』本当にそれで良いのでしょうか?

肥満まっしぐら?わかっていてもどうしようもない

  • ・ちょっと筋肉が減少してきただけ
  • ・少しお腹が出ているのは、最近食べ過ぎだから
  • ・女性からの目線が少なくなるのは、いたって当然のこと

体型に何らかの変化があっても、誰もがついこういう風に考えてしまいます。

仕事が終わってから、リラックスしてスマホでのネットサーフィン、SNSで人の情報を見たり、同僚と飲みに行く時間はあるのに、なぜか『時間がない』『忙しい』と言ってしまう私たち。

もちろん仕事の忙しさは、本当でしょう。

誰にでも休息の時間は必要です。それまで取り上げられてしまったら、やってられません。

それでも多くの方が、頭の片隅で『これではいけない。』と自覚しつつあるはずです。

いざ行く末は・・・?

増え続ける肥満【3人に1人が肥満】

195か国の地域を対象に、35年に及ぶデータに基づいた研究によると、なんと20億人以上の人が肥満、または体重過多であると発表されました。

研究によるとBMI数値が標準よりも太っている、太りすぎである人が増加。【世界で3人に1人が肥満】と示唆しています。

1980年以降、肥満の増加は2倍に増加している上、2015年には肥満が関係する疾患によって、400万人が死亡しているのだとか。

肥満が関係する疾患は、現代病からの悪化と考えてもよいでしょう。

ワシントン大学保健指標評価研究所の教授は、こう述べています。

体重を適正に保つことは、心臓病をはじめ2型糖尿病、がんなど死につながる病気のリスクを減少させることになる。肥満や過体重の場合、食生活の改善や運動を行い、体重コントロールをするべきである。

参考:www.eurekalert.org

肥満が脅かすのは肉体だけではない

肥満は私たちの健康を脅かすだけではなく、精神的にも不健康にする恐れがあります。

私たち人間が持っている【欲】を基本に考えれば、簡単にわかるでしょう。

  • ・体が醜くくなってきたと常に感じ、情けなくなる
  • ・体が思うように動かなくて、イライラする
  • ・いつでも体型のことが気になって、モヤモヤする
  • ・好かれたい認められたいという気持ちが、肥満によって阻止される

誰もが同じように持っている感情が満たされないと、精神的にも悪影響が出てきますね。

そして自分でも意識していない状態で、ストレスが溜まり蓄積されていく・・・ストレスが溜まるとさらに健康が阻害される。

まさに、悪循環。負のトライアルに入り込んでしまうのです。

肥満がもたらす男性への影響

本来はまだまだ活力がみなぎっているはずの30代40代男性が、肥満によってもたらされるのは病気と関連する肉体・精神的ストレスだけではありませんね。

生きる上で100%あると言っても過言ではない5代欲求の中の【性欲】までに、悪影響が及ぼされてしまいます。

それも、肥満の肉体的影響と精神的影響のダブルパンチ。

片方だけならまだしも、ダブルで影響を受けたとすれば、簡単に改善することが困難になってしまいますね。

心因性EDとはどういう現象?奥深くまで追求してみました!

それでも『最近ちょっと太ってきたけど、まだ肥満までいかないから大丈夫。』だと言えるでしょうか?

肥満改善は今すぐ行動あるのみ!

ちょっとした仕事のミスをほおっていけば、後で一大事になってしまうかもしれません。

少し散らかっただけの部屋を片付けるのは簡単に済むけど、もうしばらくいいやと放置していれば、手がつけられないほどの散らかりようにまで発展してしまう可能性があります。

どんなことであっても、その少しの状態のときに何とかしておかないと、どんどん悪化していってしまいますね。

肥満だって同じです。『少し太ってきたなぁ。』と感じたら、即行動を起こしましょう。

数週間で改善できるかも知れない体型の変化は、肥満になってしまってからでは、1年2年と時間をかけることにもなり兼ねません。

食生活の見直しや、スマホを触る時間のうちのたった10分だけ筋トレをするなど、それだけで進行する肥満やEDを改善できる可能性が高まりますね。

そういった改善をすることは、男には必須のホルモン分泌にも役立ちます。

モテフェロモン【テストステロン】を増やす方法NO1

日本では日本肥満学会によって、BMI値が25以上の場合を肥満と定めています。

一方、WHO(世界保健機構)での定義は、BMI値が30以上を肥満と定義しています。

BMI値の出し方や、肥満とEDの関係性は以下で詳しくご覧ください。

【EDと肥満】切っても切れない関係性

Yng Jing Te Blog

ブログカテゴリー

最新のブログ

ヤンジンテ
精力アップ!サプリメント

精力の衰えの改善を亜鉛の力で!若い頃の元気が蘇る!
性の悩みなどはお気軽にご相談下さい。
針灸師の資格を持つヤンジンテの代表、上田勉が対応致します。

デモイメージ1