ヤンジンテ 精力剤サプリメント 亜鉛 マカ アルギニン

サプリメントに関すること等、お気軽にご相談下さい。

精力剤、精力サプリメントについてのお問い合わせ

HOME > 亜鉛マスター上田勉の元気塾 > 早漏改善に効果的!筋肉トレーニング

早漏改善に効果的!筋肉トレーニング

2017年9月5日

早漏は努力しようとも、自分でコントロールできないため、治療が必要です。

しかし、最も多いとされる心因性の早漏は、男性器への過敏性を変化させない限り治療は難しいと言われています。

とはいえ、早漏は全く改善の余地がないのかと言えばそうではありません。 早漏は、努力によって改善できます。

その早漏の改善方法について解説していきたいと思います。

早漏の改善方法

早漏の原因の一つの原因として、前立腺が影響している場合があります。前立腺は射精に関わる器官ですが、正常に機能しないと早漏になることがあります。

その前立腺による悪影響を及ぼさないようにするためには、腹筋の下部を鍛えるトレーニングが効果的だと言われています。

スクワット

中折れ対策として骨盤底筋群を鍛えるのが効果的であると解説いたしましたように、男性機能の改善に体の筋肉を鍛えるトレーニングは必須事項であると言えます。

中折れ対策にはてっとり早いスクワットがありますが、スクワットは早漏改善にも効果があります。

スクワットは、特に下半身が強化されるのはご存知ですね。

スクワットは中折れを改善するだけではなく、腹部の筋肉を鍛える効果も持っているので、早漏改善にも効果があるのです。

そして太ももには、大腿四頭筋と言われる大きな筋肉があります。体の大きな筋肉が鍛えられると、代謝が向上する上、効率よくカロリーが消費されます。すると、EDなど男性機能に大きな関わりを持っている肥満を改善する効果まで与えられます。

(詳しくはこちらから:【EDと肥満】切っても切れない関係性

レッグレイズ

早漏改善のトレーニング

出典:vokka.jp

レッグレイズは、腹部を強化するトレーニングとして有名ですね。

  1. 1.息を吸いながら、90度の高さまで上げる
  2. 2.息を吐きながら、足を下ろす

この時、足を下ろした時に床に着地させてはいけません。

そして足を90度まで上げるのはキツい動きになるので、慣れていないうちはそこまで高く上げなくても良いでしょう。

自分でできる範囲の、強度で行います。早漏を改善するためにやり始めたが、3日坊主になってしまったのでは意味がなくなってしまいます。

10回1セットとして、3セットを毎日行いましょう。

クランチカール

早漏改善のトレーニング

出典:kintorecamp.com

クランチカールもレッグレイズ同様、腹部下部を鍛えることができます。早漏改善にはとっておきのトレーニング法となります。

  1. 1.仰向けになり、膝を立てるか膝下からソファや椅子などに足を上げる
  2. 2.息を吐きながら肩甲骨から背中の真ん中あたりまで、上体を起こす
  3. 3.息を吸いながら、最初の状態に戻す

早漏を改善するクランチカールの注意点は、上体を上げる時頭部から背中を丸めるようにすることです。

こちらもレッグレイズ同様、10回1セットとして、3セットを毎日行いましょう。

早漏改善トレーニングの共通点

早漏を改善するトレーニング全てに共通する注意点は、早い動きで行うのではなく、ゆっくりと正しいフォームで行いましょう。

腕立て伏せにしても、早い動作で行うよりもゆっくりとした動作で行う方が、キツく感じるかと思います。

筋肉を鍛えるためのトレーニングは、ゆっくりとした動作で行う方が、負荷が大きくかかります。ゆっくりとした動きで行うと、効果がより倍増し早漏改善への近道となります。

そして、決して無理をしないようにしましょう。無理をすると、多くの場合腰を痛めてしまう原因になってしまいます。腰を痛めてしまうと、性行為中に思うように動けなくなってしまいますね。早漏以前の大問題です。

できなければ、弱い強度で10回だけ行うなど、自分なりの早漏トレーニングをしていきましょう。

意中の異性を口説くのも、仕事で結果を出すのも、継続が意味をなします。慌てて行なったところで、効果は得られませんね。どんなことでも、早急に結果を出すことはできないのです。

  • 【継続は力なり】
  • 【千里の道も一歩から】

日々の努力は、大きな結果を生み出すでしょう。

Yng Jing Te Blog

ブログカテゴリー

最新のブログ

ヤンジンテ
精力アップ!サプリメント

精力の衰えの改善を亜鉛の力で!若い頃の元気が蘇る!
性の悩みなどはお気軽にご相談下さい。
針灸師の資格を持つヤンジンテの代表、上田勉が対応致します。

デモイメージ1