ヤンジンテ 精力剤サプリメント 亜鉛 マカ アルギニン

サプリメントに関すること等、お気軽にご相談下さい。

精力剤、精力サプリメントについてのお問い合わせ

HOME > 亜鉛マスター上田勉の元気塾 > 早漏を【改善するための自慰】と【悪化させる自慰】

早漏を【改善するための自慰】と【悪化させる自慰】

2017年9月8日

早漏を【改善するための自慰】と【悪化させる自慰】 早漏でお悩みの方は、どうにかして改善する方法がないかと模索しているでしょう。

前回お話しした早漏改善に効果的な筋肉トレーニングを心掛けることももちろんですが、早漏を改善できる自慰のやり方があります。

何気なく行なっている自慰ですが、早漏状態を悪化させていることも考えられます。またそれと同時に、早漏を改善できる自慰もあります。

今回は、【早漏を改善するための自慰】と【早漏を悪化させる自慰】をご紹介していきます。

早漏を悪化させる自慰

自慰にはしてはいけない間違ったやり方があります。

(参考:EDはオナニーが原因!?勃起が持続しない・中折れしてしまう

多くが中折れの症状を引き起こす自慰ですが、早漏の原因になる自慰もあります。

急いで射精する自慰

若かりし頃の自慰は、家族に見つかることを懸念し、とにかく早く射精しようとする傾向にあります。

また、自慰自体が良からぬことと意識しているため、罪悪感にかられさっさと抜いてしまおうと考えていたでしょう。

本来、性行為も自慰もいけないことではないどころか、食欲などと同様生きている上であって当然の欲求です。何も恥ずかしいこともありませんし、逆に自慰への欲がない方が問題とも言えます。

ごく正常で健康な人間なら、老若男女かかわらず、持っていない人間はいないと言っても過言ではありません。

若い頃の癖のままとにかく急いで射精しようとするのは、早漏にとってはあまりよくありません。

急いで射精する習慣が付いてしまうと、早漏を悪化させてしまうのです。

皮をつかった自慰は早漏のもと

早漏の原因の一つに、皮の上から刺激する自慰があります。

皮がかぶったままだと、亀頭への刺激が抑えられてしまいますね。男性器の中でももっとも敏感な亀頭が、鍛えられないままとなってしまうのです。

皮を使った自慰を行うと、異性との性行為では過敏に感じてしまうため、満足しないまま早く果ててしまうといったことが起きてしまいます。

包茎や仮性包茎も同様で、皮を剥かないまま自慰を行なっていると、改善されないままにもなり兼ねません。

皮の上からではなく、しっかりと剥いた状態の自慰を行いましょう。

早漏を改善するための自慰

早漏を改善するための自慰は、いくつかに分けられますが、重度の早漏の場合は改善されない恐れもあります。

また、軽度の早漏であっても、すぐにぴったりと改善されるわけではないので、気長に行うようにして下さい。

寸止めの自慰で早漏改善

『スタート・ストップ法』と聞いたことはないでしょうか。

自慰を行なっているとき、射精しそうになったら動きを止めて我慢するという早漏の改善方法です。発案者であるセマンズ博士の名前をとって『セマンズ法』とも言われています。

その動作を繰り返し、射精をコントロールします。早漏の治療法としては、有名です。

射精を我慢するのはキツいことではあります。まるで好意を持っている全裸の異性がOKを出しているにもかかわらず、手も出せず我慢しなくてはいけないような状態ですね。

目の前に快感があり手を伸ばせば得られるけれど、それを耐えて数秒我慢します。そしてまた刺激を再開する…。

繰り返し行うことで、射精するまでの時間を伸ばしていくのです。

ただしこの早漏改善の自慰のやり方は、精液が逆流してしまう危険性があるので注意しながら、無理しないように行うようにしましょう。

そして重度の早漏の方は、このやり方では効果が得られません。そもそも、全く我慢できずに射精に至ってしまうので、我慢しろというのは不可能に近いからです。

オナホールを使用して改善

手を使った自慰では、つい力を込めて行なっている方もいるでしょう。それは、当然力を込めて刺激を強くした方が気持ち良いからですね。

急いで射精をする自慰同様、射精を求めるがあまりに強い快感が得られる方法を行なってしまいます。そこで、オナホールのような柔らかい感触での自慰が効果的なのです。

一言でオナホールと言っても、TENGAのようなカップ式のもので、自分が強く握っても刺激が変わらないものを使うようにしましょう。

そしてフニッシュには、一気に出すつもりで行わずに、男性器の先から漏らすような感覚で射精してみて下さい。

一気に射精する絶頂とも言える快感を少し抑制してあげると、その快感を得る感情を若干抑えることができます。精神的な面からのアプローチです。

自慰で早漏をコントロール

自慰だけが早漏の原因となっているわけではありませんし、自慰だけで改善はされません。

しかし少なからず、自慰のやり方に気をつけると、早漏改善に役立つこともあるでしょう。また、誰にも気づかれずにこっそりとできる対策なので、何もしないよりましですね。

普段行う自慰に少し注意しながら、気長に早漏を改善していきましょう。

Yng Jing Te Blog

ブログカテゴリー

最新のブログ

ヤンジンテ
精力アップ!サプリメント

精力の衰えの改善を亜鉛の力で!若い頃の元気が蘇る!
性の悩みなどはお気軽にご相談下さい。
針灸師の資格を持つヤンジンテの代表、上田勉が対応致します。

デモイメージ1